急性期病院の第二新卒看護師求人

急性期病院の第二新卒看護師求人


急性期病院は患者さんの搬送頻度や容態など、他の病院と比べると忙しさのレベルが違います。急性期病院が偉いというわけではないですが、独特の緊張感や緊急を伴う場合もあるのです。看護師としての経験を積む登竜門のような扱いなので、第二新卒者であれば即戦力・育成という意味でとても歓迎されるところです。

急性期病院にもさまざまな種類がありますが、救急救命・ICU・NICU・災害拠点などが備えられている特定機能病院から病床数の少ない小規模病院まで存在しているので、自分がどんなところで働きたいかによっても選択が変わってきます。急性期から回復期までを担っているところもあれば急性期のみを取り扱っている病院もあるので、希望する病院があれば看護師転職サイトへ申し出てみましょう。

急性期病院と聞けば「残業・夜勤が多いらしい」とマイナスイメージが先行しがちですが、それは誤解です。確かに診療時間終了間際に救急患者さんが搬送されきて、診察や入院準備で残業せざるを得ない状況になるケースもありますが、日勤のみ・残業なしという条件で採用してもらうこともできるので、その点はコンサルタントによく相談してみて下さい。

また、常勤しか採用されないわけでもなく、非常勤やパート勤務でも募集されているので急性期病院に敷居の高さを感じる必要はありません。公立病院か民間病院かという選択もありますが、勉強会や委員会なども多くスキルを磨くにはお勧めです。病院によっては診療科も細分化されより専門的な看護を学んだり、年収UPを目指すこともできます。

「必ず急性期を経験しなければならない」「急性期を経験しなければレベルは上がらない」というわけではないのですが、急性期病院ではほとんど全ての診療科を経験することができるため、自分の今後や看護師として望む方向性を見つけるツールとなります。実際に採用人数も多く幅広い世代の人が働いていて、多くの知識を吸収することができるのです。

ハローワークでもたくさんの求人情報を見かけると思いますが、多ければ多いでどこの病院が自分に合っているのか。職場の環境や体制はどうなっているのか。ひとつひとつ調べようと思ったら時間を必要とします。特に都市部では特色ある病院も存在しているので、迷いがある場合は転職サイトのカウンセリングを受けることがお勧めです。最終的に決めるのは自分自身ですが、どうすれば納得できる形で転職することができるのかサポートしてもらうことができるでしょう。

第二新卒の看護師求人サイトランキング!まずはここに登録!

マイナビ看護師

URL:http://mycom-agent.jp/ ※厚生労働大臣認可の無料転職サービス




ナースではたらこ

URL:https://iryo-de-hatarako.net/ ※ディップ運営の看護師仲介サイト




ベネッセMCM

URL:https://www.benesse-mcm.jp ※進研ゼミ等でおなじみのベネッセ





▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 看護師求人@第二新卒向けサイトランキング All Rights Reserved.