献血の第二新卒看護師求人

献血の第二新卒看護師求人


献血ルームでの第二新卒者求人は対象外ではありませんが、ある程度の採血能力が求められます。病院での採血は治療のためにしなければならないことですが、献血での採血は健康な人を対象にしているだけあって、太い針でスムーズに採血できるスキルが必要になります。事務処理や機械操作もありますが、ほとんどが採血なので採血が苦手な人には向いていません。

シフト勤務になる場合が多いのですが、日勤のみなので子育てと両立させたい人にはお勧めです。土日祝や時間帯によって献血に訪れる人の割合も違うため、常勤以外にも非常勤などで週3日から募集されているところもあります。献血ルームの看護師募集には献血バスの業務が含まれている場合もあるため、勤務時間や業務内容が変わってくる場合もあるのです。

そのため献血車に乗車する場合は、献血会場の場所によっては早出や遅出として時間調整されます。血液センターの献血ルームに勤務する場合はあまり影響しませんが、時間的な制限や勤務日数などに条件がある人は、看護師転職サイト経由してその旨を伝えてもらうと良いでしょう。コンサルタントが希望の条件に合う職場を探してくれるので、子供のお迎えや家庭生活に左右することはありません。

採血は経験を積むことで上達していくので献血ルーム経験の有無はあまり関係なく、機械の操作方法や研修会・勉強会もあるので心配ありません。また、病院勤務のような医療の最前線ではなく一定のルーティンワークを熟していくことになるので、業務内容に物足りなさを感じてしまうことは否定できません。

退職者は少ないのですが若い世代の看護師は病院勤務を希望する人が多いので、第二新卒で献血ルームへ転職する人は多くはありません。慣れてしまえば献血ルームでの勤務は夜勤がないだけ体調管理もしやすく、休日や休暇・福利厚生など手厚い待遇を受けることができます。

看護師の仕事に何を求めるかにもよりますが、スキルアップして臨床経験を積みたい場合は献血ルームはお勧めできませんが、勤務時間や勤務日などの条件のみを優先させたい場合は最適だと言えます。ブランクからの復職先として非常勤で働く人も多く、採血の腕を磨けることは間違いありません。

だからと言って第二新卒者が採用されないわけではないし、募集条件としてベテラン看護師でなければ務まらないと言われているわけではないので、求人募集の情報を掘り下げて環境や雰囲気などもコンサルタントに問い合わせて下さい。

第二新卒の看護師求人サイトランキング!まずはここに登録!

マイナビ看護師

URL:http://mycom-agent.jp/ ※厚生労働大臣認可の無料転職サービス




ナースフル

URL:https://nurseful.jp/career/ ※業界大手のリクルート系の仲介サイト




ベネッセMCM

URL:https://www.benesse-mcm.jp ※進研ゼミ等でおなじみのベネッセ





▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 看護師求人@第二新卒向けサイトランキング All Rights Reserved.