ドクターヘリの第二新卒看護師求人

ドクターヘリの第二新卒看護師求人

テレビドラマの影響か、最近ではドクターヘリの存在を一般の人も知るようになってきました。第二新卒程度のキャリアを持つ若い看護師の中には、フライトナースを目指している人も居るはずです。 ただ、そのフライトナースは第二新卒程度の人間がなりたいと思えば、すぐになれるような仕事なのでしょうか? 今回は各医療機関の情報を参考に、そのあたりを考えてみたいと思います。

■フライトナースは第二新卒の看護師には無理
残念な結論から先にいいますが、フライトナースには第二新卒程度のキャリアの看護師ではなれません。ヘリコプターという極めて限定された場所で、あらゆる状況に対処できるような人材が現場では求められているので、第二新卒では対応ができないのです。実際、各病院の条件を見てみると、フライトナースになるためには、

(1) 看護師の経験が5年以上で、
(2) そのうち、救命救急センターで働いていた期間が3年以上、
(3) さらに看護師長の推薦

が必要になる医療機関が多いです。第二新卒は看護師経験が5年にも満たないですし、救命救急センターで勤務している経験も3年に届いていないはずです。そのような人材は看護師長の推薦を受けられないので、いきなり第二新卒が転職を機にフライトナースになれるといった話はありません。ドクターヘリに乗りたい場合は、順番にキャリアを積んでいくしかありません。

■救命救急の分野に転職をする
では、第二新卒の看護師がフライトナースになりたいと思ったら、どうすればいいのでしょうか? 基本的には救命救急の分野で今からキャリアを積んでいくしかありません。 ただ、救命救急の機能を持っている病院が全て、ドクターヘリを完備しているとは限りません。例えば2014年9月17日現在、北陸にある富山県では救命救急センターを持っている病院が複数ありますが、ドクターヘリを完備している病院は1つだけです。隣の石川県はドクターヘリを1機も持っていません。 そう考えると、まずはドクターヘリを完備している病院の救命救急センターに転職を希望し、その中で経験を積んで最終的にはドクターヘリに乗れるように頑張るしかありません。

以上、ドクターヘリに同乗するフライトナースについてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか? 基本的には第二新卒程度のキャリアではフライトナースにはなれないので、ドクターヘリが離着陸する病院の救命救急センターに就職をして、キャリアを積んでいくしかないと語りました。 ドクターヘリが離着陸する病院は、転職エージェントに登録して調べてもらえば一発で分かります。求人探しのついでにその手のサービスに登録してみるといいかもしれませんね。

第二新卒の看護師求人サイトランキング!まずはここに登録!

マイナビ看護師

URL:http://mycom-agent.jp/ ※厚生労働大臣認可の無料転職サービス




ナースフル

URL:https://nurseful.jp/career/ ※業界大手のリクルート系の仲介サイト




ベネッセMCM

URL:https://www.benesse-mcm.jp ※進研ゼミ等でおなじみのベネッセ





▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 看護師求人@第二新卒向けサイトランキング All Rights Reserved.