泌尿器科の第二新卒看護師求人

泌尿器科の第二新卒看護師求人

泌尿器の疾患で代表的なのは前立腺関連です。他に、腎臓系の疾患や膀胱炎などで診療を受ける人もいますが、性病を心配して診療を受けに来る人もいます。そして、患者の大半は男性です。女性でも腎臓・膀胱・性病の病気にかかることはありますが、婦人科でも診療が受けられるので、泌尿器は男性の患者が圧倒的に多いのです。このような特徴がある泌尿器科への転職を希望する第二新卒の看護師に必要なスキルは、特別なものはありません。一般的な看護師の知識があれば十分ですし、臨床経験の浅い第二新卒でも心配するようなことはありません。ただし、診察する部位が特殊なため、女性看護師より男性看護師のほうが働きやすい職場と言えます。

たとえば手術が必要になった場合、陰毛の剃髪が必要になります。病気の治療が目的なので淡々と準備をすれば問題はありませんが、中には女性看護師が担当だと気恥ずかしいと感じる患者も少なくありません。そのため、男性看護師が担当をすることが多いです。しかし、女性看護師は泌尿器科では働けないということもありません。圧倒的に男性の患者が多いのは事実ですが、女性の患者もいます。逆に、女性の患者のケアに男性看護師が担当となるのも難しいことがあるので、女性の看護師を担当にすることになります。ただし、泌尿器科での業務は第二新卒のような若い女性看護師より、ベテラン看護師のほうが採用されやすいです。理由して、臨床経験が豊富で、たくさんの患者を担当しているので、物事に動じない冷静さを持っていて淡々と仕事が進められるという特徴があります。このような点から、患者の男女比によって、看護師の男女比をある程度決めている病院もあります。

大学病院のような複数の診療科目・入院棟・療養棟などがあるような医療施設では、担当する診療科目をローテーションさせることが多く、必ずしも希望通りに配属されるとは限りません。第二新卒の女性看護師でどうしても泌尿器科を経験したいのなら、複数の内科を併設しているクリニックを転職先に選ぶという方法もあります。内科・消化器内科・泌尿器内科などがその例です。クリニックは手術や入院の設備がないので、夜勤・残業はありません。プライベートの時間を充実させる働き方はできますが、男性看護師にとっては多くの収入が見込めないということもあります。幅広い診療科目を経験して看護師としての経験とスキルアップを優先するか、プライベートの充実を優先させるかによって、転職先の選択肢は変わってきます。

第二新卒の看護師求人サイトランキング!まずはここに登録!

マイナビ看護師

URL:http://mycom-agent.jp/ ※厚生労働大臣認可の無料転職サービス




ナースフル

URL:https://nurseful.jp/career/ ※業界大手のリクルート系の仲介サイト




ベネッセMCM

URL:https://www.benesse-mcm.jp ※進研ゼミ等でおなじみのベネッセ





▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 看護師求人@第二新卒向けサイトランキング All Rights Reserved.