放射線科の第二新卒看護師求人

放射線科の第二新卒看護師求人

放射線科は画像診断と放射線治療の2つの部門に分けることができます。第二新卒の看護師が放射線科に転職する場合には、このどちらかの部門に配属されることになります。画像診断部門は、病気の確定をするための検査を行います。レントゲン、CT、MRIや各種造影検査などを行いますが、看護師の仕事はこれらの検査内容を患者や家族に対して説明をすることです。検査によっては、患者に負担がかかるものもあります。たとえば、MRI装置は狭い空間に数分間入らなければなりませんし、撮影時の音が大きいので、気分が悪くなることもあります。このような点について前もって説明をし、検査の内容に納得と同意を得るとともに患者の検査に対する不安を取り除きます。また、検査前の患者の検査着の用意、検査機器の準備も行います。

放射線科の治療部門では、主にガンの病巣に特殊な放射線を照射することで、細胞の働きを停止させたり病巣を縮小させる効果があります。ただし、ピンポイントで照射することができますが、吐き気、抜け毛などの副作用が伴うことがあります。そのため、看護師は、治療の特徴について詳細に患者や家族に説明をして、治療方針に納得してもらいます。また、検査をする患者に寄り添って、不安を抱くことなく治療に専念できる環境を整えるのも仕事の一環です。看護師に求められる資質は、検査の時と同様に患者との信頼関係を築くことです。

放射線科担当の看護師は患者と医師及び治療内容との橋渡しをすることです。円滑に業務を推進するには、信頼関係を築くことが大切です。第二新卒で臨床や社会経験が少ない看護師で、コミュニケーション力にたけていれば、十分に活躍できます。また、医療現場は常に最新の技術や医療機器が開発されています。放射線科もそのひとつです。病院の規模や診療方針にもよりますが、最先端技術がいち早く導入される確率が高いのが放射線科です。看護師の知識や技術のスキルアップには最先端医療の情報を除外するわけにはいきません。常に上を目指している人にとって、放射線科に配属されることは、専門知識を習得し間近に最先端医療を見ることができるまたとないチャンスと言えます。

放射線科での勤務はほぼ日勤のみです。救急患者に備えて放射線技師が夜勤で待機することはありますが、検査も治療も前もってスケジュールが組まれているので、看護師が残業や夜勤で対応することはありません。高度医療機器は高額なので、規模の小さなクリニックに配置されていることは少なく、大半が大学病院などの大病院です。

第二新卒の看護師求人サイトランキング!まずはここに登録!

マイナビ看護師

URL:http://mycom-agent.jp/ ※厚生労働大臣認可の無料転職サービス




ナースフル

URL:https://nurseful.jp/career/ ※業界大手のリクルート系の仲介サイト




ベネッセMCM

URL:https://www.benesse-mcm.jp ※進研ゼミ等でおなじみのベネッセ





▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 看護師求人@第二新卒向けサイトランキング All Rights Reserved.