耳鼻咽喉科の第二新卒看護師求人

耳鼻咽喉科の第二新卒看護師求人

第二新卒の看護師が転職先として耳鼻咽喉科を選択する場合、押さえておくべきポイントがいくつかあります。まず、患者数が多くいつも忙しいです。風邪をひいたときに内科に行くか耳鼻咽喉科に行くかで迷ったら、耳鼻咽喉科を選んだ方がいいという人がいます。また、花粉症を発症する人が増えたことで、診療を受ける人が増えているという特徴もあります。患者が多いのはこれらのことも関係しています。そして、患者の傾向として子供が多いです。転職に際して必要とされるスキルは特になく、基本的な看護のスキルが習得されていれば問題はありません。特別なスキルを必要とするのはアナライザーなどの使い方程度です。新人研修のように長時間の説明を要するものではなく、1回か2回説明を受ければすぐにマスターできるので心配はいりません。また、命の危機に関わるような疾患は珍しいので、高度な看護技術は無くても問題はありません。

主な仕事として、鼻水を機械で吸い取ったり、耳だれの処置をします。小学生くらいになれば、我慢してくれますが、乳幼児の場合にはお母さんに抱っこされていても泣き叫ぶ子も少なくありません。このようなことから、耳鼻咽喉科に適した資質として、子供好きであることは重要なポイントであると言えます。耳鼻咽喉科の患者は意外と子供が多いのですが、患者数が多く待ち時間が長くなりがちです。そのため、子供だけで通院している場合に飽きてしまうことも多いので、順番が来るまで子供たちを見守ることも看護師の重要な仕事のひとつです。このことから、子供の扱い方に慣れている小児科の臨床経験がある看護師は転職に有利と言われています。しかし、耳鼻咽喉科での看護師の仕事に興味があっても、子供の扱いが苦手な人にとっては非常に働きづらい職場です。せっかく転職したのだからと我慢をして働き続ければストレスが溜まってしまいます。苦労して探した新しい職場なのに、退職ということになりかねません。

耳鼻咽喉を経験すると、耳、鼻、喉の病気についての幅広い知識が身につきますし、看護師として専門的な分野のスキルを増やすことにもつながります。この点はクリニックでも大学病院でも同じように身につけられます。クリニックで働く場合には、残業や夜勤がなく、高額な収入は見込めませんが、その分終業後の時間を有効につかえます。対して、大学病院のような大きな医療施設で働く場合には、夜勤、残業、手術の経験ができ、多少収入も増えます。

第二新卒の看護師求人サイトランキング!まずはここに登録!

マイナビ看護師

URL:http://mycom-agent.jp/ ※厚生労働大臣認可の無料転職サービス




ナースではたらこ

URL:https://iryo-de-hatarako.net/ ※ディップ運営の看護師仲介サイト




ベネッセMCM

URL:https://www.benesse-mcm.jp ※進研ゼミ等でおなじみのベネッセ





▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 看護師求人@第二新卒向けサイトランキング All Rights Reserved.