形成外科の第二新卒看護師求人

形成外科の第二新卒看護師求人

第二新卒の看護師であまり重篤な患者がいない診療科目に転職したい場合、形成外科、整形外科、美容外科などを選ぶ人が多いです。3つとも似ているようでまったく違うので、形成外科を転職先にするのなら、仕事の内容や特徴をきちんと把握しておくことが必要です。形成外科の主な診療内容は、生活に支障がある傷やあざを改善・回復することです。火傷によるケロイド、スポーツ中の事故や交通事故などによる顔面骨折の治療、生まれつきの身体的な欠損や障害も治療の対象です。そして、乳房再建手術も形成外科で治療します。診療科目は大学病院や総合病院など規模の大きな医療施設に開設されていることが多く、外来・入院棟があります。形成外科専門のクリニックはほとんどありません。

形成外科では手術室業務や治療後の細かい処置が非常に多いのが特徴です。看護師は患者への処置内容の説明や入院中の患者の動作の介助、手術前後の精神的なケアなどに欠かせない存在です。特に、顔面の陥没骨折の回復手術、乳房再建手術を控えている患者は精神的に大きな不安を抱えることが多いので、看護師は患者のストレスや不安をできるだけ取り除くことが必要です。レーザー機器を利用した日帰り手術も行っているので、外来患者に対する業務を行いながら日帰りの手術室業務を行うことも少なくありません。

また、形成外科は他の診療科との連携が欠かせません。乳房再建手術は乳がんの手術後に行うため、外科との連携が必要です。たとえば乳がんの手術チームに形成外科の医師とともに参加をして、再建手術までのスケジュールの調整をすることもあります。看護師に求められることは、高いスキル、幅広い知識と経験と言えます。たとえ経験の浅い第二新卒の看護師でも、入職できれば、処置業務が非常に多いので処置のスキルは確実に向上させられます。また、手術や治療の成果によって、患者が充足感ある日常生活を取り戻せるサポートができます。患者が治療後に明るくなるのを見ると、看護師冥利に尽きると感じられます。

第二新卒の看護師で形成外科への転職に向いているのは、処置に対する判断が的確で早い人です。処置の内容が細かくて多いので、まごまごしている暇はありません。また、患者の数も多いので、いつまでも処置に迷っていたり、マイペースで仕事をしていると、患者の待ち時間が長くなるばかりで効率が悪いです。また、患者の話をもれなく聞けることも大切です。面接時にコミュニケーション力があることをアピールすると合格に有利になります。

第二新卒の看護師求人サイトランキング!まずはここに登録!

マイナビ看護師

URL:http://mycom-agent.jp/ ※厚生労働大臣認可の無料転職サービス




ナースではたらこ

URL:https://iryo-de-hatarako.net/ ※ディップ運営の看護師仲介サイト




ベネッセMCM

URL:https://www.benesse-mcm.jp ※進研ゼミ等でおなじみのベネッセ





▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 看護師求人@第二新卒向けサイトランキング All Rights Reserved.