麻酔科の第二新卒看護師求人

麻酔科の第二新卒看護師求人

麻酔科は患者が最小限の負担で手術が受けられるように麻酔をする専門の部門です。部分麻酔でも全身麻酔でも、全身の機能の管理が必要で、命に直結する重要なポジションです。幅広く深い医療の知識と高度な技術がなければ勤まらない職場です。第二新卒の看護師が担当する仕事は、麻酔の種類、麻酔をする必要性を説明し、手術における痛みの不安を取り除くことにあります。しかし、日本には麻酔専門看護師といった資格はありません。また、麻酔科専属の看護師を配属している病院もほとんどありません。たいていは手術室担当の看護師が対応します。第二新卒の看護師で麻酔科の仕事を体験したいのなら、手術室担当になることが必要と言えます。

手術室看護師として入職するには、看護師としての基本的な知識や技術は当然必要で、さらにハイレベルのスキルも求められます。第二新卒の場合には経験が不足していると判断されることが多いので、手術内容や医療機器に対する幅広い知識を習得していることが求められます。また、手術室では何が起こるかわかりません、そのため、瞬時に的確な判断と行動ができるスキルも必要です。そして、手術室では、執刀医、麻酔医が安全かつ迅速な処置ができるようにサポートするのが主な仕事です。そして、麻酔医のサポートをするには、麻酔に関する知識をしっかりと勉強しておくとよいでしょう。

麻酔科で働く看護師に必要なスキルには、たとえば、全身麻酔を施された患者に対する注意を怠らないということがあります。心電図モニターは麻酔医も監視していますが、血圧、体温、心拍、脈拍など患者のどんな小さな変化も見逃さない観察力が必要です。早い段階で気づけば、その分患者にかかるダメージが小さくて済みます。異常を察知したらいち早く報告するとともに、医師の指示に瞬時に反応できる臨機応変の対応力も必要です。急変時のマニュアルの事前確認、気管挿管のサポート、挿管したチューブの固定、など、手術室内では麻酔医だけでなくあらゆるサポートに対応できるように、日ごろから鍛錬をしておかなければなりません。

もうひとつ、麻酔医のサポート業務として、術後の疼痛コントロールも大切です。麻酔から目覚めるときには痛みを伴いますが、痛みに強い人と弱い人とでは感じ方が異なります。麻酔が覚めるときの痛みなのか、傷が痛むのか、まったく別の部位に痛みが発症しているのかを見極めるスキルも必要です。症状や痛みの部位、強度など総合的に判断して、痛みのコントロール管理をします。第二新卒の看護師がいきなり麻酔科担当をすることは難しいですが、段階を踏めば目標を達成できます。

第二新卒の看護師求人サイトランキング!まずはここに登録!

マイナビ看護師

URL:http://mycom-agent.jp/ ※厚生労働大臣認可の無料転職サービス




ナースフル

URL:https://nurseful.jp/career/ ※業界大手のリクルート系の仲介サイト




ベネッセMCM

URL:https://www.benesse-mcm.jp ※進研ゼミ等でおなじみのベネッセ





▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 看護師求人@第二新卒向けサイトランキング All Rights Reserved.