内科の第二新卒看護師求人

内科の第二新卒看護師求人

第二新卒として再就職先を内科に限定するのなら、事前に確認しておくと転職活動がスムーズになります。まず、大学病院や複数の診療科目がある総合病院の場合、内科担当がずっと続くことはありません。ローテーションによっていろいろな診療科目を担当させられるので、内科のみもしくは内科を中心に診療をしているクリニックのような規模の小さな病院が狙い目です。また、内科には心療内科、神経内科、糖尿内科、消化器内科など症状によって治療が細分化されています。一般内科ではなく、このような専門的な科目に携わりたい場合には、希望する科目のある病院を探すことです。第二新卒の看護師が内科限定で転職を希望するメリットとして考えられることは、個々の患者とのコミュニケーションがしっかりととれるという点にあります。時には、生活上の愚痴や近所の噂話になることもありますが、生活環境を知ることによって、痒いところにも手が届く看護ができます。

内科は基本的には手術がありません。不調の箇所を血液検査や尿検査によって特定し、投薬による治療によって不調の改善を行います。そのため、診察も検査、バイタル・心音のチェックなどデータや日常の様子から判断することがほとんどとなるため、看護師の仕事はルーチンワーク的になります。最先端の医療機器や治療方法を取り入れることもないので、スキルアップを目指すことは難しいです。しかし、患者のちょっとした変化を察知するには日ごろのコミュニケーションが大切なので、看護師の役割は重要です。内科を担当する看護師に必要なスキルがあります。細分化された診療科目に対応するには専門的な知識でも大丈夫ですが、一般内科となると幅広い知識と経験を必要とします。小さなクリニックになるほど幅広い知識が必要とされるので、第二新卒で入職した場合には、知識の修習やスキルアップをする努力をしなければ、看護師として満足する結果が残せません。

また、内科担当の看護師の仕事のひとつに訪問看護があります。訪問看護専任の看護師もいますが、最近の外来専門のクリニックでは訪問看護も診療科目のひとつに掲げるところが増えています。緊急の場合、医師が同行することもありますが、通常は看護師ひとりもしくはヘルパー同行での訪問となります。第二新卒で訪問看護を経験している人は少ないので、求人募集要項に記載されている場合には、面接時に業務内容を確認すると安心です。収入は、応募する病院によって異なりますが、クリニックのような小規模で、残業なし、夜勤なし、であることを考慮すると、大学病院勤務並みとはならないでしょう。

第二新卒の看護師求人サイトランキング!まずはここに登録!

マイナビ看護師

URL:http://mycom-agent.jp/ ※厚生労働大臣認可の無料転職サービス




ナースではたらこ

URL:https://iryo-de-hatarako.net/ ※ディップ運営の看護師仲介サイト




ベネッセMCM

URL:https://www.benesse-mcm.jp ※進研ゼミ等でおなじみのベネッセ





▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 看護師求人@第二新卒向けサイトランキング All Rights Reserved.