第二新卒の看護師の履歴書の書き方は?

第二新卒の看護師の履歴書の書き方は?

よく、履歴書の段階で落とされて面接まで進めない、という人がいますが、第二新卒の看護師であるなしにかかわらず、履歴書に書いた内容に問題がなければ、少なくとも面接までは進めます。誤字脱字がなく、てにをはの正しい文章であることは必要ですが、空欄を残さないことも大切です。第二新卒が求人に応募するときには、職務経歴書の提出を促されることがありますが、履歴書の時点で悪い印象を与えてしまうと、目すら通してもらえず、看護師としての実力を知ってもらう間もなく不合格になる可能性があります。

志望動機に病院の設備がよい、院内が明るい、医療設備が整っているなどという病院の良さをあげつらったとしても書いたとしても、採用担当者の胸には響きません。また、退職理由として前職の病院の問題点を書けば、履歴書の段階で落とされます。まずは、面接してみたいと担当者に思わせて、書類審査にパスすることが先決です。最も高いポイントを得られるのは志望動機で、受け身の立場ではなく、いかに自分が組織に益をもたらす素質を持っているかを書きます。自分は良い人間、実力のある人間であるということから一歩踏み込んで、自分が持てる技術がいかに病院の役に立つかという点を強調して魅力ある履歴書を書くことがコツです。

履歴書に使ってはならないものがいくつかあります。たとえば、証明写真は無帽で3ヶ月以内の撮影であることが常識です。デジタルでもアナログでも問題はありませんが、プリクラの写真はNGです。また、書き損じがあった場合には、抹消線を引いたり、修正液を使用するのは良くありません。もったいないとしても新たな用紙に書き直しましょう。よくありがちなのが、経歴を省略することです。第二新卒の看護の中には、学校を卒業して3年以内であるにもかかわらず、すでに複数の病院に勤務経験がある人がいます。たとえば1ヵ月とか2ヵ月で辞めた病院がある場合、省略して記載しないこともあります。全ての経歴に対して確認をすることはありませんが、短期間の勤務でも洩らさず書くことが大切です。また、職務経歴を誇張することも良くありません。仮に入職していた病院で最先端医療を行っていたとしても、接点がなかったにもかかわらず携わっていたかのような書き方はしないことです。

自己PR欄に趣味を詳細に記載する人がいますが、看護師の仕事に関係のないことは書いても無駄です。入職したら、どのように仕事に取り組みたいか、どのようなスキルを磨きたいかなど前向きな目標を書くことで、採用に値するという評価が得られます。

第二新卒の看護師求人サイトランキング!まずはここに登録!

マイナビ看護師

URL:http://mycom-agent.jp/ ※厚生労働大臣認可の無料転職サービス




ナースフル

URL:https://nurseful.jp/career/ ※業界大手のリクルート系の仲介サイト




ベネッセMCM

URL:https://www.benesse-mcm.jp ※進研ゼミ等でおなじみのベネッセ





▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 看護師求人@第二新卒向けサイトランキング All Rights Reserved.