第二新卒の看護師の採用基準は?

第二新卒の看護師の採用基準は?

看護学校を卒業してすぐに入職した職場に定年まで勤めるという人は少ないです。様々な理由から最初の職場を離れて3年以内の再就職を希望する場合には、第二新卒というキーワードで探すことができます。通常、転職で有利になるポイントはスキルがあるか・ないかということです。3年程度では高いスキルを身につけることは難しいので、看護師歴10年の人と比較されたら、勝ち目はありません。しかし、看護師は人材が不足しているので求人数は常に豊富にあるので、第二新卒の採用基準を理解しておくと、スムーズに新しい職場に入職できます。

まず、求人募集をしている医療施設がどのような看護師を必要としているのかを知ることです。たとえば、長く勤務できる人を探しています。特に第二新卒の場合には前職を3年以内に辞めているので、またすぐに辞めてしまうのではないかという不安を持っています。さらに、多くの場合、新卒や第二新卒に対しては入職後研修を行ったり、その都度スキルアップがはかれるように様々な勉強会を行っています。この時の経費は病院持ちですから、簡単にやめられてしまうと無駄になってしまいます。できるだけ長く勤めてもらえば、スキルアップした技術を患者や病院のために還元できます。そして、最新の技術や知識の習得につとめ、即戦力になろうと努力ができる人も求めています。病院の理念を理解できる、円滑な人間関係を築ける、などが好まれます。いくら人手不足でも、看護師の免許さえあればいいということではありません。

この他には、面接の短い時間の中でも、人の話を一言も漏らさずに聞いているか、質問に対して的確な回答ができているか、素直な対応をしているかなどを合否の判断基準にしています。特に第二新卒の場合には前職の退職理由の話し方がポイントとなります。退職理由が体調不良、前の職場の環境の悪さ、人間関係にあったとしても、愚痴のように退職理由を話す人は良い印象を持たれません。面接官は人を見抜くのに炊けていますから、たとえいじめられて辞めたとしても、チームワーク良く働ける職場を求めている、など前向きな回答を期待しています。残業が多すぎたのが退職理由の場合には、看護師の仕事を1日も早く覚えて一人前になりたいと角度を変えた見方で説明するのがポイントです。そして、志望動機はハウツー本にあるような型通りの答え方ではなく、自分の言葉で、ここの病院に入職したい、ということを強調すると採用担当の胸に響かせることができます。

第二新卒の看護師求人サイトランキング!まずはここに登録!

マイナビ看護師

URL:http://mycom-agent.jp/ ※厚生労働大臣認可の無料転職サービス




ナースフル

URL:https://nurseful.jp/career/ ※業界大手のリクルート系の仲介サイト




ベネッセMCM

URL:https://www.benesse-mcm.jp ※進研ゼミ等でおなじみのベネッセ





▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 看護師求人@第二新卒向けサイトランキング All Rights Reserved.