産婦人科の第二新卒看護師求人

産婦人科の第二新卒看護師求人

産婦人科は女性のための診療科目で、産科と婦人科の働きを併せ持っています。産科は出産に関わる全てを担当していて、婦人科は女性特有の器官に発症した病気の治療を行います。特に婦人科では、最近増加傾向にある、乳がん、子宮や卵巣の疾患だけでなく、生理不順や閉経後の更年期の不調に対応している病院もあります。逆に、産科に特化していて、帝王切開、逆子・早産などの異常分娩、切迫早産に対応できない病院も増えています。第二新卒の看護師で産婦人科を希望する場合には、この点を踏まえておく必要があります。女性の体について深く幅広い知識が必要と言われていて、スムーズに転職するには、豊富な経験と高いスキルが要求されます。最も重要な点は、看護師は出産に立ち会うことはできても、新生児を取り上げる資格は持たないということです。分娩室で母体から新生児を取り上げるのは、初産婦もしくは産婦人科医の仕事です。第二新卒で入職しても、一般看護師として臨床経験を積めば、助産師看護師の試験にチャレンジできます。

普通分娩の場合、陣痛や破水の時間は母体や病院の都合で決めることはできませんし、帝王切開が決まっていても母体の状態によっては緊急手術が必要になることもあるので、産婦人科での勤務は24時間体制が普通です。入職したら残業や夜勤は当たり前です。産科での看護師の仕事は、血圧・体温測定、尿・血液検査、などを行って妊婦の体調管理をすることです。出産後には母子の健康管理、乳房のマッサージ、授乳の介助、おむつの交換などがあります。

婦人科での看護師の仕事は、女性特有の疾患を抱えた患者のケアです。一般に子宮筋腫は命を脅かす重篤な疾患ではないとされていますが、手術が必要な場合にはリスクはあります。また、卵巣腫瘍、子宮がんになると大抵は手術で切除しますが、全摘出となると出産できない体になるため、治療方法はとてもデリケートな問題となります。そのため、看護師は患者の精神的なケアをする役割も担うことになります。手術の設備が整っている大きな病院には、手術室担当の看護師が専属でいます。経験豊富で高い技術を必要とするので、産婦人科に入職して、臨床経験を積めば手術室担当になることもできます。

産婦人科は二面性があるので単に赤ちゃんが好き、出産の感動を味わいたいという安易な気持ちで働くことは難しいです。しかし、産科に力を入れている病院は雰囲気が明るく、ホテルのような病室や食事が完備されている医療施設も多いです。第二新卒を受け入れている病院に応募する場合には、労働条件のチェックも大切ですが、働く場の雰囲気のチェックも大切です。

第二新卒の看護師求人サイトランキング!まずはここに登録!

マイナビ看護師

URL:http://mycom-agent.jp/ ※厚生労働大臣認可の無料転職サービス




ナースフル

URL:https://nurseful.jp/career/ ※業界大手のリクルート系の仲介サイト




ベネッセMCM

URL:https://www.benesse-mcm.jp ※進研ゼミ等でおなじみのベネッセ





▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 看護師求人@第二新卒向けサイトランキング All Rights Reserved.