第二新卒の看護師で多い転職先は?

第二新卒の看護師で多い転職先は?

看護学校を卒業してから3年足らずしかたっていないのに、転職を希望するにはそれなりの理由があります。退職の理由として多いのは、人間関係や職場の雰囲気になじめなかったということですが、もっと前向きな理由を挙げている人は多いです。最先端の医療機器のある病院、教育制度が整っている、専門的な資格取得ができる、などのキャリア志向もあれば、訪問看護、小児病棟、など具体的な看護の職場を求めている人もいます。ただ、希望はあっても、希望通りの病院に入職できるとはかぎらないので、最終的な目標をかなえる準備段階と割り切って、スキルを鍛錬する場として転職先を選ぶことを視野に転職先を選ぶとよいでしょう。

現状として看護師はどこの病院でも不足していますが、第二新卒は社会経験や看護のスキルにおいて1人前とみなされないことが多く、看護師の募集は多くても実際には敬遠されやすいです。ただ、中には、新卒で入職した医療機関でひと通りの経験をしているためゼロから手取り足取り教える必要がなく即戦力に近い、という考え方から第二新卒看護師の受け入れに積極的な病院もあります。基本的なスキルを習得していればスムーズに入職できるので、転職先として選ばれることが多いです。

具体的には、病床数・診療科目の多い病院があります。ベテランのスタッフも多く、教育制度もしっかりと整っています。また、急性期の患者の治療をしている病院がよく選ばれています。このような病院は第二新卒だけでなく、潜在看護師の復職支援にも積極的です。同じような経験の浅い同僚がいることで、精神的に大きなストレスを感じることなく、仕事にまい進できます。求人募集の条件に第二新卒歓迎、などの条件の記載が目安になります。

急性期の病院はたいてい夜勤があるので選びたくないという人もいますが、複数のスタッフが待機するので、緊急時にも的確な対応が可能です。急性期の病院で大変な思いをしたから療養棟で働いてみたいという人がいますが、療養棟でも夜勤はありますし、夜勤の人数が1人という病院も少なくありません。イメージだけで応募せずに、情報の収集を十分にしてから応募することが大切です。また、急性期の患者対応でもとにかく看護師が不足しているから、どんな人でもよい、という病院は要注意です。ベテランの看護師がいない職場では、臨床経験の浅い看護師にすべての負担がかかります。未知のことにも対処しなければならないので、ストレスが高くなる可能性があります。

第二新卒の看護師求人サイトランキング!まずはここに登録!

マイナビ看護師

URL:http://mycom-agent.jp/ ※厚生労働大臣認可の無料転職サービス




ナースフル

URL:https://nurseful.jp/career/ ※業界大手のリクルート系の仲介サイト




ベネッセMCM

URL:https://www.benesse-mcm.jp ※進研ゼミ等でおなじみのベネッセ





▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 看護師求人@第二新卒向けサイトランキング All Rights Reserved.